InfoTransは、翻訳とローカライズのサービスを提供する会社です。

事業内容

<マニュアル評価/コンサルティング>

◆ユーザーの視点に立ったマニュアル評価

インフォトランスでは、貴社のマニュアルが現地ではどう評価されているのか、第三者機関で公正に評価いたします。マニュアルの、読みやすさ、理解しやすさ、文法、誤訳ミスなどの品質評価、及び安全性評価、安全表記の評価など取扱説明書に関する品質評価を行います。
マニュアル国際規格の IEC62079やISO37にしたがって貴社のマニュアルを品質評価いたします。
ヨーロッパや中国で信頼のある専門のユーザビリティ試験会社と提携しておりますので自社のマニュアルの品質に疑問のもたれている方は是非一度お試しください。

色々な場面でユーザの目に触れるドキュメントの割には軽視されがちな取扱説明書ですが、実は貴社ブランドのイメージの重要な一役を担っています。最近では、その重要性を再認識し、特に海外での自社の取扱説明書などの品質について、第3者からの公正な評価を求める企業が増えております。

「このマニュアルは読みやすいし、わかり易い。ユーザーの視点に立った親切なマニュアルだ。」
「文法もスペルもミスが多いし、50年も前の言葉を使っているなんて、うちの国のマーケットも随分馬鹿にされたもんだ。」

このように、貴社製品に対して、良いイメージや悪いイメージをユーザが抱くかどうかは、翻訳のみならず元原稿の文章や構成、編集に起因しています。


<マニュアル品質評価>

◆国際規格での評価。
・製品ごとの安全規格・要求事項をチェック。
・IEC62079
・ISO Guide 37
・中国国家基準 「GB」

◆多言語の翻訳品質を正しく評価。
・現地では翻訳品質はどのように評価されているか。
・きちんと訳されているか?重大なミスはないか。
・その国に合った要求事項を満たしているか。

<消費者の安全、法令順守の観点からのチェック>

現在、マニュアルには、「わかりやすさ」や「読みやすさ」に加えて、「消費者の安全を守り、国や地域の法令・規制を守る」ことが求められています。インフォトランスは次のような観点からマニュアルをチェックいたします。

◆警告表示などの安心・安全に関する情報が、消費者に認識されやすい状態(表現方法、レイアウトなど)になっているか。
◆ 国や地域の法令や規制、規格の要求事項を満たしているか。
◆製品保証、免責事項などのリスク対策がとられているか。


マニュアル評価の結果は、マニュアルの品質を保証するものではありません。あくまで、よりよいマニュアルを制作するためのツールやヒントとしてお使いいただくためのものです。