InfoTransは、翻訳とローカライズのサービスを提供する会社です。

事業内容

<印刷・CD/DVDプレス>

◆日本で制作したデータを海外で印刷。日本と変わらないきめ細かな迅速、高品質なサービスをローカル価格で!

低価格競争と海外進出企業のニーズに対応するため、印刷物製作とCDやDVDメディアプレス、その関連事業をグローバル展開しています。
DTP(Desk Top Publishing)のグローバル化、一般化にともない、印刷方法や技術は急速な変化をとげており、最適な印刷・製本・プレス方法をどこでいかに選択するかが、コストや納期、品質に重大な影響を与えます。

インフォトランスでは、予算、数量、品質、納期などのお客様のご要望に応じ、最適な印刷物、メディアプレスをご提供するサプライヤーチェーンを構築していますので、欧州現地はもちろん、コストダウン、大量ロットの欧州向けニーズには中国での印刷・プレスも可能にしております。

特に環境規制の厳しいヨーロッパ市場では徹底したリサーチのもとに、現地優良印刷、メディアプレス企業と業務提携し、すべての工程を印刷経験豊富な日本人スタッフが管理し、責任を持って貴社までお届けいたします。

ヨーロッパで事業展開している日系企業様向けに印刷に関するご相談、見積り、品質、行程、納期管理まで、日本国内と同様のサービスをローカル価格でご提供しております。日本語での対応ができますのでお気軽にお申し付けください。

納期短縮のために、より消費地に近いところで製作するというコンセプトで、欧州での印刷・プレス。また大量のものは中国での印刷・プレスも可能にしており、今までの経験の積み重ねにより、日本と変わらぬ品質をお約束いたします。

◆品質管理はインフォトランスが責任を持って行います。

◆輸出入に関する手続きも弊社で行います。

◆現地工場視察も随時、受け付けています。

<印刷工程>

◆DTPプリプレス

プリプレスとは、印刷の前工程のこと。印刷するための版を作る、いわゆるデジタルデータの「製版」と「刷版」を行うことです。日本で作られたデータが海外 の印刷環境では使えないということが往々にしてあります。(2バイト文字が使われている、適切なフォントが埋め込まれていない、PDF上では表示されてい るのに出力すると文字化けする、東欧の特殊文字が出ない、カラーセッティングがおかしいなどなど。)

インフォトランスでは、日本と欧州のDTP・印刷環境を熟知した経験豊かなDTPスペシャリストたちが入稿からPOD印刷及びCTP印刷出力の際に起こるトラブルを迅速に解決し、よりスムースで適切なデータ作りをお約束します。

●入稿時確認事項
・DTPアプリケーション種類の確認(種類、バージョン等)
・使用システム(OS)
・使用フォントの確認(和文・欧文)
・アプリケーションの使用環境(画像保存形式の確認)
・ドキュメントサイズ(Aサイズ、Bサイズ,出力できる最低のポイント等)
・色数の確認(表4色、裏2色等)
・特色使用の場合は色指定確認(DIC/Pantone)
・出力見本の確認

◆ POD印刷

POD(Print on Demand)印刷とは文字通り、「必要なものを、必要なだけ、必要なときに」印刷する方法です。これはDTPなどにより作成されたデジタルデータを、製 版工程を経ずに直接印刷するもので、作業工程が簡略化されており従来のオフセット印刷に対して小ロット印刷、短納期に有利という少量多品種に適した印刷方 式です。具体的には、小ロットや改訂頻度の高い製品カタログや取扱説明書。納期が厳しい新製品カタログやチラシ印刷などに非常に適しています。
プリントオンデマンド(POD)は、プリプレス工程のデジタル化、DTP利用の拡大、CTPシステムの導入と順を追って進化してきた印刷工程のデジタル化の完結編であり、データ入力から最終印刷工程まで一貫したデジタル処理を行うものです。

●POD印刷のメリット・デメリット
・少量ロット(主に300部以下)印刷でのコストパフォーマンスが良い。
・短納期(作業工程が簡略)
・カラーなどの品質はCTPに比べ多少劣る、
・大量印刷には向かない(コストが割高)

●POD印刷工程
・データ入稿(PDF、MS-Word、InDesign、FrameMaker、PageMaker、等)
・印刷
・製本
・納品

◆ CTP印刷

CTPとは"Computer to plate"の略、その名の通り、印刷に使う版(プレート)をコンピュータで出力することです。デジタルデータの印刷情報をイメージセッタで印画紙やフィ ルムに出力する代わりに、刷版材料へ直接露光するシステム。ダイレクト刷版(Direct to Plate)とも言います。ヨーロッパでは既に主流の印刷方法です。大量のボリュームのものを印刷する際に適しています。
地球にもやさしいCTP印刷
従来のオフセット印刷の製版作成の過程で作られるフィルムは、印刷が終わった後は不用になるケースが多く、作成の段階で有害な化学薬品を使用することを考えると、ゴミや有害物質を出さないCTP印刷は、環境問題を考慮した、地球にやさしいシステムでもあります。

●CTP印刷のメリット・デメリット
・ページ数の多いマニュアルやカタログなどの大量ロット向け
・印刷前の色校正が可能なので仕上がり時とほぼ同じ色目が出せる。
・品質がPOD印刷よりも良い。
・POD印刷に比べ小部数では割高、納期がかかる。

●CTP印刷工程
・データ入稿(PDF、MS-Word、InDesign、FrameMaker、PageMaker、等)
・刷版(デジプレート、PS版)、色校正(簡易色校正)
・印刷
・製本
・納品